top of page

韓国岳(鹿児島)〜1st Anniversary登山〜

韓国岳(1700m)-獅子戸岳(1429m)/ 鹿児島県⛰⛰

 タイム: 11時間 (休憩4時間20分)

 登山開始:4:30 / 下山:15:30

 距 離:11.4km

 標高差:1059m

 コース:えびの高原登山口ー五合目避難小屋ー韓国岳ー獅子戸岳ピストン



 

2021年12月5日


一年前の12月3日に登山を始めてもう1周年。

わたしは鹿児島へ向かうことにした。


登山との衝撃的な出会いがあって

あまりにも拙くて、物知らずで

いつまでも初心者のままの、1年だったけど

こんなに好きになれる何かに出会って

一緒に過ごせた特別な1年だった

だからこの1周年の日は、大好きな山で過ごしたかった

そんな思いは巡り巡って、わたしの心はあるお山にたどり着く


『韓国岳 / からくにだけ(鹿児島) 』

遠く離れた九州、鹿児島にある百名山の一つ

霧島連山の主峰、韓国岳

どこで何をしようか、たくさん考えたけど

シンプルに今、1番行きたい山に行くことにしたのだ


縦走っていう言葉の意味も、百名山という存在も知らず

山を歩き始めたわたしは

SNSや雑誌で、他の人の山歩きを知ることになって

日本中に、本当にたくさんの素晴らしい山々があることに衝撃を受けていた

その中で、いつも心打たれる景色、ワクワクする山行に登場するのが

韓国岳で


岩、火山、蒸気、朝日、雲海、青い大きな大浪池、神々しい高千穂峰

わたしの知る山々とは全く違う様相を持つ、異国の遠い山


目指すのは、韓国岳で出会う朝日

輝く大浪池。獅子戸岳から臨む萌ゆる新燃岳。


あぁ、書いていて思うよ

また会いたい

行く前から好きだったもの

会ったらもっと好きになったもの

そんな山ばかりだよ


飛行機で1時間と少し。

来ちゃった鹿児島。高千穂峰の存在感。

登山口はえびの高原から。

この日(12/3)は下見なんだー

韓国岳!!会いにきたよ!あなたに

会いたかったよー

改めまして、わたしの登山1周年。

この一冊から。この女の子から。

山にいると、嬉しくて楽しくてしんどくて美味しくて幸せ。

これまでも、これからも、ありがとうだよ世界。

さぁ、朝駆け登山はAM4:30スタート!

この時、すっごい星空だった

これまでの人生で1番の満点の星空。

絶対に心に残そうって、決めて

何度も見上げては立ち止まるんだけど・・・



これは・・・!?

ついて行くけど・・・


夜が明けそう!

急げ急げ


朝と夜の境界線


大浪池、まだ寝てる

向こうには桜島。来たかった場所に、来られたんだよね

今日の、韓国岳で、日が昇って


そう!韓国岳に来れたんだよ

朝日、高千穂峰、新燃岳。

朝だけの光に輝く・・・

ケーキ。

光降り注ぐ山頂に


ケーキ!?!?

!!!!!!!


🎂


山の人1さい


🎂


嘘みたい笑

特大やん笑


びっくりして笑

嬉しくて笑


もうなんか、感動してて笑える



運んできた人

お祝いしてくれた人

韓国岳の、心強いお友達。サメシマ君。

彼はダンベル20kgを両手に持って

韓国岳を登る人笑


冬の初見百名山、朝駆けで、足に不安もあって

韓国岳をよく知るこの方が、そばにいてくれるだけでよかったんだけど

知らないうちに、色んな準備してくれて

たくさん助けてもらって、たくさん笑って

歌まで歌う人


こんなんいる!?

ひとりでやるんかーい



あぁもう、楽しくて

きれいで

大好きだよ

よし、縦走開始

獅子戸岳へ向かうには

一度樹林帯をながーく下る

ジャン!

つーいたー!獅子戸岳!

無事に獅子戸岳から。新燃岳ー!


萌えてますなぁ


おにぎりタイム

「ねぇねぇ、やっぱり九州の明太子おにぎりは美味しいのかなぁ」

「どこで買っても一緒だろー、たぶん」

「そうなのかなぁ・・もぐもぐ」


なんて、今気づいたけど、

ちゃんと「博多辛子明太子」やん!

九州のおにぎりは美味しい博多明太子やーん!

明太子大好き


さて、韓国岳に戻るには

この山を登り返す・・・

登り返す・・・

振り返れば絶景だから、頑張るよ

やっと韓国岳山頂にカムバック

うーん。合言葉は。


ピントはザバス!



すっかりケーキ日和。


山頂にもたくさんの方がいたけど

みんなびっくりしてた。

その驚いてる方々みんなにケーキを配るサメ君。

そして歌まで(ハッピーバースデー♪)歌わせてたサメ君。


たぶん50人以上におめでとうって歌ってもらった日。

本当に笑ったなぁ


わたしは一人でいるのが好きなの

静かな山を、ひとりでとぼとぼ歩くのが好きなの

願わくば、誰にも見つからずに、透明人間のように山に存在したいって

実はずっと、思ってたんだけど


韓国岳で出会った人たちの笑顔や

同じ山にいて、同じようにここが素敵なところだって思ってるのとか

またどこかのお山でって言い合えるのとか

少しのやさしさや、少しの幸せをこのひととき、

共有して、交換できるのって嬉しいなぁって思えたんだよ


この背中のおかげかな


眼前で光が集まって、流れていくと

水面を走る風を知って、大浪池の美しさを、この目が見ていて

ここに自分がいることを知る


心に描いていたすごーく会いたい場所は

また会いたい場所になって行くんだよね


下山するの寂しい

ある日の建国記念日に、ここに日本国旗が立てられてたのを見て

すごく感動したんだよ

鹿児島の空ってなんて広いの

特別な1日が終わり行く

ずっと嬉しくて

キラキラしてて楽しい日だった


韓国岳ありがとう

(色々あったキラキラマイザック)


下山!

最後まで笑

1年間ありがとう

たくさん山を好きになって

たくさんのことを知った

心から、たくさん感動した

怪我はしたけど、遭難しなかったわたし偉い

もっと好きになるし

もっと頑張ろう

うん


山にも人にも感謝する

これからも


ありがとうだよ世界


「おめでとう〜」

「ありがとう〜」











\Please Click/


bottom of page