top of page

初めての北アルプス〜立山室堂②〜


2022年4月20日〜21日


立山に行けた日。

わたしがこの時立山行きを決めたのは、たまたま見つけた

MOC(モンベルアウトドアチャレンジ)の募集。


室堂のみくりが池温泉に泊まり、

山岳ガイドさんと一緒に一ノ越までのスノーシューハイクするという企画


この冬シーズンは、雪山に行ってみたくて

靴にアイゼンにギアを揃えて、冬山の本をどっさり買い込んで

準備をしていたものの、色々なことがタイミングが合わずにほぼ断念しかけていて

1番の理由は足の調子が良くないのと、雪山に一人では行けないけど

一緒に行ける経験者が身近にいないこと


ガイドさんと行くツアーで、雪のアルプスに行けて

厳しい山の登頂はなしのスノーシューハイキング

MOCには珍しい平日開催。

土日はほとんど仕事で動けないわたしの

雪山初心者のわたしの、足を痛めてるわたしの


わたしのためのツアーだと

今シーズン雪山に行けるラストチャンスだと

すぐに申し込んだ


仕事は後から無理やり調整した

さぁ行くよ!立山へ!

 

立山への道・アクセス


[サンダーバード金沢行]京都〜富山 (2時間半)

富山駅前のホテルに前泊


[富山電気鉄道]電鉄とやま駅〜立山駅 (約1時間/始発7時30分)

[立山黒部アルペンルート]立山〜室堂(約1時間〜※混雑状況によって変化)

(ケーブルカーで立山〜美女平 7分→高原バスで美女平〜室堂 50分)


電鉄とやま駅 雰囲気あるなー

車窓から剱岳がみえる


8時半前後に立山駅に到着。

ケーブルカー立山駅に移動。

ネット予約していたアルペンルートの時間指定チケットを発券機にて発券する。

そして駅構内にあるレンタルショップ「TABO」で予約していたスノーシューを入手。

相方のてるさんは12本爪アイゼンもこちらでレンタル。


いよいよ黒部アルペンルートへ・・・どきどき

ケーブルカー乗車は7分間。

美女平でバスに。ちょうど臨時便が出ていてスムーズに乗り換えできた。

ついに室堂入り!!すっごい青空〜〜!!雪山!!

立山やーーーー

今回の宿「みくりが池温泉」きれいだし、ご飯美味しいし、スタッフさんが親切で丁寧。

そして温泉がほんとによかった・・・すなわち、みくりが池温泉は最高なのだ

思考停止中。


だって

頭の中で思い描いてきた、北アルプスの、立山の、山々の景色が目の前にあって

目の前にあるのに、なんだか現実感がない。

本や、映像で、写真で、何回も見てきたしイメージ通りの山容で、かっこよくて

でもただ、圧倒的なんだよね。存在感。

湧き上がる感動が大きくて、目の前の立山と、自分がここにいることと

うまく受け入れられずに思考停止。


山ってすごいな


ただそう思う


いよいよスノーシューハイク!

レンタル品のスノーシューは重くて持ち運びに嵩張る。他の皆さんはマイスノーシューで、機能的にもいい感じのもの色々だったなぁ。来シーズンは買ってしまおうか


スノーシューでずんずん歩く。るんるん

雷鳥!!

初めてのアルプスで、初めて雷鳥にエンカウント!

きゃー!可愛い!!嬉しい!!

雷鳥の見つけ方を教えてもらう→人だかりができているところを探せ

だそうな笑 本当にその通りだった

みくりが池は雪の中

初めてのアイゼン!

家で履く練習頑張ったので、一回で履けて褒められた

グリベルエアテックかっこいいすー

あ!!

剱岳!!!


チラ見えでもカッコいい

カッコ良すぎる。肩ギザギザやん。すごい傾斜やん

何あの山。ひと目惚れしてしまうやん。

いいな

きれい


アイゼン追加講習

豪華な夕食。富山の美味しいものズラリ

牛肉までつくんだよ

お腹いっぱい美味しいもの食べて、温泉入ってここは立山で

そしてここで日が暮れていく

毎日、どこにいても空はあるし、日が暮れる。

新しい朝が毎日来る。

でも山にいると、ここにいるその瞬間がすごく特別なものになるよ。

心に残る空があるよ。


最高のお天気の中で、立山に会えて、眩しい雪や透き通る空、剱岳、みんなの笑顔

雷鳥、温泉、たくさんのことにここで出会ってる。幸せ。


1日目おしまい



次の記事▶︎

◀︎前の記事





 

Comments


bottom of page