top of page

出会った日のこと⛰📚

山歩きすると決めた日のことを書いてみる


あれは2020年の秋の夜更け

わたしは漫画が好きだ

特に好きなのは、食べ物が出てくる漫画

食べ物と言っても、料理

そして料理したものを、誰かが食べるというよりは、誰かが料理をしている漫画が好き

理由は特にないけど、多分わたしが料理が好きだから

料理のイラストをみるのが好きだから

誰かの創意工夫や、美味しそうなごはんの絵を見ているとワクワクする


それで、新しい料理漫画との出会いを求めていたわたしが

その夜出会った一冊の漫画


『山と食欲と私』


タイトルは以前から、なんとなく目に留まっていたけれど

「山」というものに全くの無関心だったわたしは

その本を手に取ることはなかった

でもこの日は、Kindleで一巻無料で読めたし

なんとなく暇つぶしのつもりで本の表紙をタップした


女の子が山に行くんだ・・・ふーん

食べるために登っている・・・?ふーん


主人公「単独登山女子」日々野鮎美ちゃんが

ザックを背負って山へ行く

山を歩くのはしんどそう、でもこの子は楽しそう

歩いて歩いて

登りきった先、ヘトヘトだけど振り返る

遠くまで続く山々と広い空


鮎美「吹っ飛ぶね ♪」


この瞬間、モノクロで描かれたスマホの中の小さな画面越しに

わたしの心の中に

澄み切った青い空と雄大でどこまでも深い山

圧倒的な大自然の世界が広がったのだ


え?歩いて、ひとりで歩いて、そこに行けるの?

え?そしてそこでラーメン作るの・・・

むちゃ美味しそうやん・・・

えっコーヒー?山の中でひとりきりで?


こ、これは・・・


わたしもやる!!!

山に行く!!!


山と食欲と私 第1巻

アウトドア経験0

山の経験なんてもちろん0 知識も0


でも行きたい山に

山でコーヒー飲みたい ひとりで

ラーメン食べたい ひとりで


鮎美ちゃんがひとりで行ってるのだから

わたしにもできる気がする

やる気出てきた!


果たして・・・


つづく









次の記事▶︎










Komentarze


bottom of page