top of page

仰木峠〜いつかの山〜

2021年10月15日


続 激務月間


毎年、春と夏と秋に超繁忙期がある

あと年末年始も忙しい笑

まぁ一年中忙しいのだけど

コロナ禍ではその繁忙期がまるっとなくなって


その期間に登山を始めて

毎日ご機嫌だったから

コロナは少し落ち着いてはまた戻り

の繰り返しではあったけど

仕事は少しずつ忙しさが戻り始めて

思うように山に行けず

足の調子もなかなか悪くて

結構がっくりきてた


この日は久しぶりのお休みの予定だったけど

午前中に仕事が入ってしまって


それでも諦められないからお昼から

行けるところまで歩いて、

時間になったらピストンで降りる作戦で


(PM0:26)歩き出す


わー!山!きれい!


午後の光はなんだか濃い


誰も物言わぬ雰囲気


白い光と黒い陰降る

山と道


わたしはここに


ここに存在できるだけで良いよ


朝の光もいいけど

午後の光もいいなぁ


山ではもう

今日はそろそろ終わりますの準備


(PM1:28)

仰木峠!水井山まではちょっと厳しい

足もちょっと痛いなぁ

うーーーん


ではこちらへ


琵琶湖ビューだーーー

すごい、きれいーー


ひたすらクラムボンの雨を聴く


目をそらさずに ここにいよう

忘れていた 雨の色も 見えてくるよ


耳ふさがずに ここにいよう

ふっともらした ため息さえ

今ならきっと わかると思う

前よりずっと わかると思うよ


千早振る都の舞いはよしなし事を詠うばかり


聴く


にゃんこヌードル食べるよん

にゃー


(PM2:40)

帰るか

影も伸びる時間

お日さまは低くて

輝きは強く


清く優しい花が

ここで咲いていて

たとえ離れてしまっても

ずっと心のそばにいるよ


それは今日のこの日の記憶も

いつかの自分を癒すから


(PM3:30)

こんな色の光を知って


秋の午後に癒される

秋もけっこう楽しんでるよね


下山!


この日の光も

琵琶湖の青さも、森の陰も

心に残せてよかったな

ちゃんと残ってるもんな


山があってわたしがいる

それだけがとても素晴らしいことなんだ









\Please Click/


bottom of page